検索

自然を含んだこの世界への好奇心

2020年11月に20年ぶりに屋久島を訪れた


2019年から20年前にタイムスリップさせられたように

同じ道を辿っている気がする


させられたって・・

もちろん自分で選んでいることだけれど


人生は不思議


20年前に屋久島を訪れ 新しい出会いや不思議な体験があり

人生が変化したことを覚えている


ここでは触れないけれど

私にとって特別な島であることはきっと間違いないのでしょう


結局20年訪れなかった屋久島に2020年は11月と12月2回も

通うことになった



屋久島には次女のさやかも一緒に出かけ過ごすこと


さやかとはハワイへ2人で出かけたのが初めての二人旅


屋久島も二人で出かけハワイで一緒だったナイアと時間を過ごすことに

なりました


彼女はその時は5歳で多くをハワイ島で過ごし 

屋久島でも自然の中で 豊かに暮らしていた


ナイアの感性に触れることは さやかに新しい発見が

あるのではないかと感じていた


一緒に遊んでいても 常に自然物で物を作ったり 


お天気が良くても悪くても 外で遊びたい 


「雨に濡れたいよ」という言葉は


さやかにとっては新鮮だったと思う


そして木登り


もりのようちえんに通っていた さやかもあまり木登りはしない


「木に登りたい!」とナイアが言って 


はだしになり 木を選ぶところから









足をかける場所 


目指す場所


どこに足をかけたらいいか 


枝の強さなどを自分で感じて


5歳のナイアが10歳のさやかに指導する


数日一緒に過ごすうちに だんだん慣れてきて 


さやかの中で喜びが溢れてくる





ナイアが 自然の中で過ごしているから木登りが得意とか 

元気いっぱいと言いたいわけではないのです



彼女と一緒にいて ふっと集中して自然の音でないけれど


音のような物を 感じてる姿を 何度も見かけました  



動物たちのようにふっと気がついて 急に集中する


そして発見した物を分かち合う


「 今日はお月様がとても美しいよ 見てね 」


偶然 種子島からのロケットが飛んだ日 知らなかったけれど


空に浮かぶ煙のスジを見て じっと集中していたナイアが


「 ロケットが飛んだね 」



自然を含んだこの世界への好奇心が彼女にはあって 人間の世界だけで完結していない


そこに私はわくわくして 彼女のことが大好きになってしまうのです


ありがとう 屋久島